メニュー

Q&A

どれくらいの発電量が見込めますか?
屋根の状態や日射量によって異なりますので、一概にどれくらいと言うことはできませんが、当社で導入されたお客様の設置事例がございますので、ぜひご覧ください。
曇り、雨、雪の日は発電しますか?
晴れの日よりは少ないながらも発電します。曇り、雨、雪の日でも、日中は太陽光が降り注いでいますので、太陽電池モジュールはきちんと太陽光を感知し、その強さに応じて発電します。ただ、夜間は完全に太陽光がなくなるので発電しません。
地震や台風に対する強度はどのくらいですか?
太陽電池モジュールおよび架台の重さは、同面積の和瓦に比べ1/4~1/5と軽く、屋根への荷重は基本的には問題ありません。振動試験やねじれ試験などの信頼性試験に基づいて開発されていますので、地震に対して十分な強度を備えています。また、屋根への太陽電池の取り付け強度は、建設基準法にもとづき(旧基準法では風速60m/s地上15m)強風にも耐えるよう設計されていますので、台風に対しても十分な対策がされています。なお、更に強度を要求される地域、塩害対策が必要な地域にはそれぞれ専用のモジュール、架台が用意されていますので、ご安心ください。
南向きでないと設置できないのですか?
南向き以外にも設置は可能です。ただ方角によって発電量が変わり、南向きを100%とすると、東・西向きは80~85%となりますので、事前にしっかり調査を行い、より効率のよい設置プランをお選びください。
築古だけど設置はできますか?
基本的に築年数の制限はございませんが、当社では現場調査の際に屋根の状態を診断し、設置可能かどうか判断させていただいております。
太陽光発電システムの保証制度はどうなっていますか?
太陽電池モジュールの出力保証期間はメーカーにより異なりますが、10年~25年となります。当社ではお客様に長期間安心して御使用いただけるように、メーカーの機器保証に加え、当社独自の長期保証をご用意しております。また自然災害に備え、自然災害補償もございますので、ご安心ください。
騒音や振動で、住居者に迷惑はかからないのですか?
一般的に図書館なみの静かさです。ただ、パワーコンディショナからは運転時にわずかな音(34dB)が出ますので、場合によってはその音が耳障りになる可能性があります。設置場所を検討される際はご注意ください。
産業用太陽光発電システムを設置するのに届出は必要ですか?
太陽光発電システムの設置は、「電気事業法」が適用され、出力規模や電気工作物の種類により必要な手続きが異なります。特に出力規模が50kW以上500kW未満の場合は、自家用電気工作物となるため保安規定を経済産業局へ届け出る必要があります。
設置後のメンテナンスは必要ですか?
パネル表面に薄くホコリ等が積もることがありますが、通常は雨水で洗い流されます。ただし、パネル表面に固着してしまった鳥の糞等については取り除くことをおすすめしておりますので、その際はお気軽に当社までご連絡ください。
故障したらどうすればいいですか?
太陽電池モジュールは耐久性に優れていますが、もし修理が必要になった場合は、当社で対応しておりますのでご安心ください。

太陽光発電に関するあらゆるご質問にお答えいたします。
お見積・ご相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

太陽光発電に適した場所なのか?

想定利回りは?

ローン利用時の利益額は?

産業用太陽光発電のお問合せはこちら
お電話でのお問合せは0120-389-440受付時間9:30~18:15
土日・祝日も承ります。※年末年始を除く